住職の徒然日記

8月の行事ご案内

[ 2019/07/29 ]

梅雨明けから大変陽射しが強くなり暑い日が続いております。

さて、8月に入りますとお盆の行事でお寺も忙しい日々となります。

8月4日午前10時30分より施餓鬼法要をお勤めいたします。本堂内はエアコンはございますが例年沢山のお参りを頂き堂内はそこまで冷えきれません。涼しい格好でお参り下さい。

 

6日から15日までの間にお檀家様のお宅にお盆の棚経にお参りさせていただきます。例年と同じ日程ですのでいつもと変わらない位のお時間に伺うと思いますが、お葬儀が入ることもございますのでお時間には多少余裕を見て頂きます様お願い致します。

 

15日の15時より定例の永代供養墓法要を行います。

 

また、15日18時30分~20時で灯籠流しを行います。

以前は各家庭で精霊流しを行っておりましたが様々な事情により近年は難しくなりました。しかしながら先祖を送るという行為を形に表すというのは大事なことだと思います。私自身子供の頃に夜近くの水路へ家族で出かけ精霊を流しそこで花火をしたということを、その意味は理解しておらずとも記憶にはたしかに残っております。意味を理解することは大事なことですがお仏壇に手を合わせる、灯籠を流すという行為を通して生まれてくるご先祖様を思う気持ちというものがあるかと思います。まして現代は核家族化が進み家庭を持ったら実家を出て暮らす方が増えております。お仏壇のない家で大きくなる子供もこれからますます増えていくことでしょう。お盆はおじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行く日で終わらせることなくお仏壇に手をあわせ灯籠流しでご先祖様のお話を伝えるきっかけとしていただきましたら大変ありがたく尊い仏縁となることでしょう。

かき氷の屋台も出る予定ですので皆様のご参加をお待ちしております。